スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロスF 虚空歌姫?イツワリノウタヒメ? 感想


 遅い時間帯って言うのもあったと思いますがヴェスペリアが結構席に余裕があったもで、マクロスだって所詮深夜アニメ、それほど混んでいないだろうって思ったら、混んでました。公開初日を舐めてました。昼じゃなくて夜に行けば良かったなぁってちょっと後悔したくらいです。

 何かグッズを買おうかと思ったのですが、欲しいものが売り切れていたので、泣く泣くパンフレットだけ買いました。公開初日から売り切れって・・・。だからあれほどオタクのコレクター精神を舐めたら駄目だってヴェスペリアのときに言ったのにっ。
 キャピキャピした女の子から、おじ様まで見に来ていたので、マクロス愛されているなぁって思いました。

 
 ここからネタバレありなので注意です。

 ■衝撃(笑)■

 アニメ版最終話では主人公のアルトと共闘し、クールかつシスコンというイメージが強いブレラですが、今回スタイリッシュ(笑)かつクールな役回りで出演していました。個人的にサングラスをしたブレラはカッコいいのですが笑えます。


 ■お色気■

 今回の私的お色気ランキング。

 1位グレイス
 2位アルト
 3位シェリル

 グレイスは髪を下ろすとずいぶん印象が違いますね。マクロスで1,2を争う美女でした。そして今回グレイスを1位にした理由はポロリがあったからです!!あんなにあっさりポロリするんだったら、シェリルにあっても不思議ではない気がするんですが・・・。まぁそんなに頻繁にあったら心臓に悪いので、というかなくてもいい気が・・・。サイレントマジョリティってやつですかね。

 アルトはマクロスFのどの女性キャラよりも美しいと思っているのは私だけではない・・・はず。今回は優柔不断アルトではなかったのもあって好感度も結構上がりましたし、2位で。髪を下ろした色っぽいアルトのシーンが長かったのも要因です。

 シェリルは今回もセクシー衣装で頑張っていました。ユニバーサルバニーの緑の可愛い衣装が個人的には好きですけどね。よって3位で。
 ユニバーサルバニーといえば、白シェリルと黒シェリルでキスシーンがありました。衝撃的。

 
 ■性格■

 今回シェリルの性格が結構変わっているように感じました。アニメでは恋に対して一歩も引かない感じがしたのですが、今回は、「ランカちゃんはアルトのことが大好き」など直接アルトに言ったり、決して応援してる訳ではないと思うのですが、アルトのことは好きなのに少々一歩引いている、みたいな感じがしました。友情の方が強いかなって感じですかね。きっとシェリルはアルトもランカもどっちも好きなんだと思います。

 性格が変わったわけではないのですがランカの中の人の演技は上達したなって思いました。素朴っぽさは少し抜けた気がしますが、これはこれで新しいランカでいい感じです。やっぱりランカはアルトくん好き好き、で微笑ましかったです。


 ■○ァミマ■

 前売り券を某コンビニでゲットして、ついでに待ちうけもゲットした私ですが、映画にもその某コンビニが登場していました。未来にもそのコンビニが生き残っているという、とても夢のある場面でしたww。実際ある意味夢のある場面でしたよ。


 ■音楽■

 視覚と聴覚、いっぺんに情報が入ってくるので、中々一回では良さが理解しきれないかも。最初のライブはPVみたいで良かったですが、戦闘シーンになると、戦闘に意識を持っていかれてしまうので、良さを余すとこなく味わいたいなら2回3回と映画を見に行かないといけないと思います。私は見に行きたいのは山々ですが、お金が、・・・交通費半端ないです。歌だけもいいですが映像+歌でまた違うひとつの作品だと思ってます。

 シェリルはミニアルバムが発売しますが劇中で使われていたのは2曲でした。ランカはニンジンの曲系統の曲が3曲に「そうだよ」がEDで流れたので、結果的に曲数はランカの方が多かったです。


 ■総括■

 アニメ版マクロスFを見た人なら、更に楽しめると思います。見ていない人も最初からですしたぶん大丈夫です。

 ここからどう物語が変化していくのか、三角関係は結局友情のままで終わってしまうのか、その答えは後編の「サヨナラノツバサ」で!!


 強引に締めましたが、後悔はしてないです、はい。 

 

 
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。