スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッカーノ!

<おおまかなあらすじ>
三百年前、とある船の上で錬金術師達が不死の法を手に入れるため、『悪魔』を召還したのが全ての始まりであった。悪魔は錬金術師達に不死の酒を与え、唯一死ねる方法と召還主だけに不死の酒の製造方法を教えた。

しかし、その次の日の夜、錬金術師達の内の一人が仲間を喰い始め、彼らはその魔手から逃れる為、世界中に散り散りとなった。そして禁酒法時代のアメリカ、不死の酒を巡り、バッカーノ(馬鹿騒ぎ)が始まる!(wikipediaより)


では、感想を下の【続きを読む】からどうぞ!

バッカーノ!―The Rolling Bootlegs (電撃文庫)バッカーノ!―The Rolling Bootlegs (電撃文庫)
(2003/02)
成田 良悟

商品詳細を見る
あらすじにも書いたようにバッカーノ!は不死者になれるというお酒を巡って、いろんな人が絡み合いながら、楽しく進んでいくお話です。

イラストを描かれたエナミカツミさんも巻を重ねるごとに上達していっているので、必見です!上の表紙がだんだんと下のようになっていきます!!(見れない方はクリックとか書店で)
成田さんは他にもイロイロ連載しているのでそのシリーズの巻と巻の間に多少の絵柄の変化はしがたがないんですが・・・・・
ちなみに私は初期の絵柄でも今の絵柄でもどっちでも好きです!

登場人物の多さも成田さんの特徴かもしれません。でも一人一人個性がありすぎるの覚えるのはで大丈夫だと思います。それに1巻目ではあまり登場人物は多くありませんし。私は・・・・最近はだんだん覚えられなくなってきましたが(笑)
1巻目はキレイに完結しているので、ためしに読んでみようかなって人にもオススメです。

アニメ化もされたのでそちらもぜひ見られてください。作画もキレイで感動しましたよ?。アニメの最終回までは見ていないのですが、私としては少し内容がごちゃごちゃしているのでまず原作を読んでから、ご覧になったほうがより楽しめると思います。

バッカーノ!1705―The Ironic Light Orchestra (電撃文庫 な 9-23)バッカーノ!1705―The Ironic Light Orchestra (電撃文庫 な 9-23)
(2007/07)
成田 良悟

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。